看護師バイト - 小児科でのお仕事内容について

看護師バイト → 看護師バイトの職場│小児科を希望する方へ

看護師バイトの職場│小児科を希望する方へ

同じ看護師でも、患者さんが大人である場合と小児である場合ではちょっと違った対応があるようです。小児看護師は診療科目の区別なく、十五歳までの患者さんを対象に看護します。

十五歳という年齢は、体の作りが変化する年齢です。ですから、十五歳以下とそれ以上の年齢の患者さんとでは、治療法が異なってきます。小児という科目が設けられているのは、このためです。

さて、小児看護師が活躍する場所は、外来や病棟だけでなく、NICUやPICUもあります。NICUとはご存知の通り、新生児の集中治療室のことであり、そこでは低体重で生まれた子供や、病気を持って生まれた子供に対し、24時間体制で専門医療を提供しています。

一方PICUでは緊急性のある小児の集中治療室です。PICUの設備は脳や内臓などの疾患にも対応可能です。このように小児看護師と一括りにしても、配属される職場は複数あり、それによって業務内容も変わってきます。

小児病棟では、急性疾患から、重篤な疾患、慢性疾患、発達障害など様々な患者が入院している病棟です。綜合病院ではアレルギーなどの慢性疾患や、先天性疾患の患者が多く、民間の病院には骨折などで入院する急性疾患の患者が多く入院しています。

小児は、親元を離れての入院です。例え親が毎日お見舞いに来たとしても不安は大きいと思います。小児看護師は、入院理由となる疾患のケアだけでなく、精神的なケアも行い、患者さんが不安に思わないような対応を求められています。

また小児は、自分の状態を詳細に伝えられません。看護師は表情や変化から、患者の状態を読み取る技術を磨いていかなければなりません。小児は特に体調が急変しやすく、また急な体調悪化に体が耐えることができません。小児看護師が素早く対応し、判断しなければなりません。

小児看護師になるためには看護師の免許があればなることができます。しかし小児の状態を把握する能力や、コミュニケーション能力など、資格があるだけでは補えない部分をさらに磨いていかなければ難しいとも言えます。

看護師の深刻な鬱

看護師は激務に加え、離職率の高い職業であります。離職の理由として人間関係の悩みが上位に挙がりますが、その他にもさまざまな悩みにより鬱になってしまう看護師もいるようです。看護師の仕事は、人の命に係わるものです。医療事故はひとつも起こせません。そんな状態は、看護師にとって相当のストレスです。

勤務体制も過酷なものです。日勤に加え、夜勤や当直も当然のようにこなさなければなりません。昨今では医療機関や医療に関する施設は、接客業のような接し方を求められています。看護師さんは激務の中、本来の業務以外のことにも頭を悩まさなければならないようです。

さらに、看護の研究や勉強会と出席し、日々進化する医療について学ばなければなりません。看護師さんに求められているものには際限がないように見えます。このような職場の環境は、時に看護師に鬱を引き起こしてしまい、離職を招きます。

離職の理由が給与面や待遇の不満からくるものであれば、転職をすれば環境が変えられます。しかし、人間関係の悪化や鬱状態に陥り離職した場合は、日常生活に支障をきたし、次の職場でも影響が少なからずあるかもしれません。

しばらく時間を置いたのち復職したとしても、前回の職場の経験は深く心の傷として残っているようです。そのため今までの看護師の資格や経験・知識を活かすことができなくなってしまいます。

職場は一つではありませんから、環境の悪い職場に留まっている理由はありません。退職し、次の職場のために心身を休めましょう。転職する際には、転職サイトのコンサルタントを利用しましょう。コンサルタントは提供する求人の内部情報などを教えてくれますので、参考にすると良いでしょう。

仕事が続けられるのは、健康な心と体があるからです。そのどちらかが少しでも傷ついたのなら、休むことを悪いことと考えないでください。体の傷は薬を塗れば治ります。しかし心の傷は、それが深いほど治りの目安がわかりません。心を壊さないよう、カウンセラーに頼ることもひとつの方法です。